がんばる人のための便秘
ホーム > 健康増進 > 塩分控えめで健康維持を

塩分控えめで健康維持を

最近の食事は塩分が多いものがたくさんあります。塩分の多い食事は、とても美味しくご飯のおかずに最適なのですが、あまりにも多く塩分を摂取していると病気を引き起こしかねません。

年齢を重ねると更年期障害なども気になってきますよね⇒月経を整えるピルの仕組みとは

 

そこで、いつもの料理に一工夫をすることで塩分を抑えることができます。まずは焼き物や炒め物、油ものの料理を蒸し物料理に変えるということです。蒸すことで塩分の多く入っている塩は下味につけるだけでよく、味付けはさっぱりポン酢で仕上げると塩分を多く取らずに済み、柑橘類のカボスやゆずなどを使用することで塩分を控えることもできます。

 

また、蒸すときに一緒に香味野菜などを一緒にいれて蒸すことで味がつき、塩分カットができます。毎食、汁物をのんでいませんか。汁物は一日1~2回が健康を維持する回数となっています。ここの汁物でのポイントがだしをよくきかせるということです。だしがよくきいているとだしの風味により、味噌や塩、醤油の塩分の元となるものの量を減らすことができます。

 

そして、塩分の多くなってしまう煮物はちょっとした工夫をすることで塩分を控えることができます。例えば、かぼちゃの煮物です。ここでのだしもよくだしのきいたものを利用し、醤油や砂糖、みりんを入れるのですが、茹であずきとだじ汁とほんの少しの醤油で煮物が出来上がります。

 

なぜ、醤油を入れなくてもいいのかというと、だしの風味と、茹であずきのしょっぱさで補っているからです。砂糖はかぼちゃ本来の甘みと茹であずきの甘さにより入れなくても大丈夫です。

 

実際に作ってみましたが、醤油を入れなくても美味しいかぼちゃの煮物ができました。調味料をある食材で代替えすることで塩分を控えることができます。こういったように少し工夫をして気をつけて料理をすることでより快適な生活を送ることができます。